玄米珈琲(玄米コーヒー)メモリザ ショッピング/百姓屋敷わら

 
フォントを小さく フォントを大きく
   
 
 
 
 
 
 
アイスメモリザ
茶せんメモリザ
メモリザパンケーキ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   ●DVD
実演 船越康弘の料理
船越康弘セミナーDVD
   ●書籍
野菜を信じるレシピ
未来につなぐ わらのごはん
野菜たっぷり重ね煮レシピ
わらのお話
わらのごはん
わらの料理
おいしく 楽しく ありがたく
力まずゆるまずとらわれず
健康は台所から
穀物菜食動物・人間
 
   
 
 
 〒716-0212
 岡山県高梁市川上町下大竹2085
 
 
 
 
[SSLによるセキュリティ通信] 
当サイトでは、お客様が入力された個人情報を安全に送受信するために、 SSL(Secure Socket Layer)を利用した暗号化通信を
採用しています。
   
   

玄米珈琲メモリザは自然の恵みによって作られた玄米を100%使用しています。
一番大切なのは「おいしく」いただくこと、一杯の玄米コーヒーが身体の奥底に眠る記憶を蘇らせてくれます。

あなたはなぜ、料理をしますか?
私は食べることが好きだからです。
だから子どもの頃から料理も好きでした。
それが高じて、家族以外の皆さまにもこうやって私の料理を食べに来ていただけるようになりました。
そしてもうひとつの理由は、私を生かすために自分の命を差し出してくれたお米や野菜たちがあったこと、それを育てあげたお百姓さんがいて、雨、土、太陽があり、そんな命の循環に躍動するからなんです。


私はかおりと結婚して三人の子どもを授かりましたが、玄米さんはそれに比べるととてつもなく偉いですよ。だって、玄米一粒あれば雨を受けて土から栄養をもらい、そして太陽のエネルギーで光合成して・・・・続きを読む
  時をさかのぼる事40年前、かさね煮を生み出した我が師・故小川法慶師が、友人の急病に際して、とっさのヒラメキで手元にあった鉄なべで玄米を真っ黒に煎り上げ、それを炊き出して飲ませたところ、友人は一命を取りとめました。この偶然と必然によって生まれた飲み物は、その後、玄米に神の力が宿ったということから、先生自ら「玄神」と名づけ、黒煎り玄米は、その効用ゆえに、いつのまにか人から人へと伝えられ広まってゆきました。
私も小川先生に教えを受けた者として、この黒煎り玄米を広めたいと思っていました。ちょうどその頃、縁あって鳥取県大山の麓に住む松尾さんにその製法を伝えることとなり、 ・・・・・続きを読む
 
 
   
 
  ドリップタイプは、コーヒースプーン一杯(20cc)と水500ccでコーヒーカップ3杯分、ティーバッグはマグカップ1杯のお湯にティーバッグをひとつ。魔法瓶や保温水筒に入れてもOK。
顆粒タイプはコーヒーカップにティースプーン一杯で手軽にお楽しみいただけます。
玄米コーヒーのおいしい入れ方
 
   
 
販売商品に関するお問い合わせ 百姓屋敷わら・販売部
Tel.0866-48-3221 Fax.0120-086-226(0866-48-3208)

 
※記載されている内容の著作権は、「わら」に属します。また、当該掲載情報の転用、複製等の一切を固く禁じております。
Copyright (C) 2007 WARA. All Rights Reserved.